USBメモリなどからもウィルスが侵入する場合があります。そのため、セキュリティ対策を必要とします。

セキュリティシステムの活躍する時代

セキュリティシステムの活躍する時代

セキュリティシステムの活躍する時代

インターネットからファイルなどをダウンロードした際に、パソコンがウィルスなどに侵入されてしまう場合があります。このような事態を避けるためにインターネット環境に接続しないでパソコンを利用する場合も存在しています。しかし、ウィルスの侵入経路はインターネット回線に限られたものではなく、USBメモリやSDカードなどを介しても侵入が起こる場合があります。USBメモリなどを介した侵入は、ウィルスに感染したファイルをダウンロードしたパソコンを介して、データをやり取りする場合に発生することになります。このような侵入は、セキュリティ上大きな障害となるため、しっかりとした対策を行っておく必要があります。

特に、インターネット接続をしていないパソコンの場合、OSのアップデートやウィルス定義の更新が行われていない場合も多くあります。そのため、USBメモリなどからの侵入が起こる可能性が高くなっています。対策としては、アップデートなどをしっかりと行うために、その時だけはインターネット接続を行うことが重要となります。また、ウィルス対策のソフトをしっかりと利用し、ファイルなどにウィルスが存在していないかをチェックしてから解凍するなどの予防措置を必ず行うようにすることが必要です。

Copyright (C)2016セキュリティシステムの活躍する時代.All rights reserved.